ラブリー・ボーン

神さまがぼやく夜

マイクル・Z・リューイン / 田口俊樹
ラブリー・ボーン

文芸・小説

ラブリー・ボーン

2015/01/20

ラブリー・ボーン

978-4-86491-192-4

ラブリー・ボーン

文庫

ラブリー・ボーン

文庫

ミステリの名手が贈る、爆笑必至の大人の寓話。

天地創造の主、神は悶々としていた。ある計画を胸に下界に降りたものの、百年ぶりの世界はすっかり様変わりし、かつて自分に似せて創ったはずの人間たちは携帯電話にタトゥーに脱毛、理解不能な進化を遂げていたのだ。そこで彼らを知るため夜ごと酒場めぐりを始めるが、男と女の関係はどうも複雑怪奇なようで……。ミステリーの名手が極上のユーモアで現代社会を諷刺する意欲作。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー