スペシャルWeb対談! 「テッパン男塾」檀れみ×「女のしくじり」ゴマブッ子 villagebooks Presents

肉食女子に猛禽女、はては狩女(カリージョ)まで、キャッチーな名前だけが一人歩きする昨今、シンプルに「いい女」であるってどんなことなんだろう? 
そんな疑問のもと、作家・檀れみ氏と辛口ゲイ・コラムニストのゴマブッ子氏、目下大活躍中のお二方に「恋愛談義」に花を咲かせていただいた本対談。
それぞれの著作やヴィレッジブックス公式サイトで連載中のコンテンツとはまた違う二人の「本気」の恋愛トーク、悩める女子は必見です!

――本日はお忙しいところありがとうございます。早速ですが、今回web連載をはじめてみていかがでしたか?
檀れみ(以下L): いや、実際かなりのボリュームでびっくり。
ゴマブッ子(以下G):ホント、あたしの場合、とくに小説がツラくって毎回ヒイヒイ言わされてます。
L:そうそう、1コンテンツ×5回だと思って引き受けたあと、5コンテンツ×5回だって聞かされて・・・しかも延長全10回だっていうじゃない?
G:ヒャダ、あたしたち、騙された!? みたいな(笑)。

――アハハ(汗)。とにかく両コンテツとも大好評で、延長のリクエストが多く・・・引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
L:でも正直、書いてるうちに面白くなって、当初の文字数から自然とボリュームアップしたところもあったり。
  大変だけど楽しんで書かせてもらってますよ。そういえば、ゴマブッ子さんの
 「前のめーる講座」第4回、最高でした〜!! 
G:あの、脅迫文メールのやつ?
L:そう! あれってもしかしてご自分で切り貼りされたんですか?
G:ええ。コンビニでゼクシィ買って。「結婚」って文字がワンサカ載ってますから。

――実はあれ、かなりアクセス数が高かったんです。
   せっかくだから携帯なんかに保存できるような作りにすればよかったな、と。

L:保存といえば、これ!! 見てくださーい!(と携帯を取り出す)
G:あっ、白鳥だ!!! 使ってくださってるの?? 
L:なんと昨日待ち受けにしたら、3時間後、ずっとペンディングに
  なっていた仕事の電話がかかってきて、いい方向に動きだして☆
  ほんとにご利益あるんだなってビックリ。

――ブログ《あの女》から火がついた、噂の白鳥待ち受けですよね。
   わが社にもいますよ、これを使い出してからジャンケン連勝中って女子が。

G:それって、イケてるのかしら・・・(笑)??
  あたしはれみさんの男塾のメール講座、わりと参考にしてます。
  あとは「テッパン男はこれを持て!」。ワイシャツとか傘とか、
  具体的なブランドやお店を紹介してくださるのがすっごく親切よね。
  男って、こだわらない人はどんなにお金持ってても
  ユニクロ・オンリーだったり、どこで何が買えるとか、
  まったく知らない人って多いでしょ?
L:たしかに。でも、こだわりすぎちゃうとそれはそれでまた違う、
  過剰なおしゃれはイヤラシイ・・・みたいな。
G:うん、中間がちょうどいいのよね。


檀れみさんの“白鳥の待ち受け”
1 2 3 次のページ
villagebooksお問い合わせサイトポリシープライバシーポリシー 2010(C) villagebooks inc. All Rights Reserved.